スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貫徹

 いや~、オリンピック凄かったね~。

昼飯の時、ちょうど決勝やっててほんとドキドキしちゃったよ。

みんなスゲーんだもん!

銀と銅に関しては誰が獲ってもおかしくなかったね。

金はショーンで決まりでしたが。

次元が違いすぎるね!

個人的にはアメリカのスコッティーラゴのスタイルが好きだったな。

決勝に進んだ日本人二人も十分世界に通用する滑りをしていたと思う。

特に国母カズヒロは色々騒がれプレッシャーもあった中、

本人のコメントにもあるように自分のスタイルを出していたと思う。

一連の騒動に関して大会前は何とも言えない感じだったけど、

大会での彼をふくめたライダー達の滑り、大会後の彼のコメントを見てなんとなく答えが見えた気がする。

この記事の中での彼のコメント、

http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100218-00000082-jij_van-spo

「そんなことを気にしていたら、こんなことやっていない」

そ~なんです。彼はスノーボードだけで生計を立ててるプロスノーボーダーなのです。

どっかの会社に所属して、オリンピック目指して頑張るアマチュアとは違うし、

我々のように趣味としてスノーボードやスケートボード、サーフィンなどを楽しむ人とも違う。

完全にスノーボードの世界の人なんだな~。

そんでその世界は野球やサッカーとかとは違った世界。

ユニフォーム着てやるスポーツでもないので滑りのスタイルに加え、ライフスタイルも重要視される世界。

その中で辿り着いた現時点での彼のスタイルがあんな感じなんでしょう。

そしてそれを最後まで貫いてたと思う。ここが大事。

謝罪会見だけをみれば確かに良くない部分もあるけど、上記のことを踏まえると

アリですよ、アリ。

カッコイイよ。

面識は全くないけど、約10年前、まだアマチュアで小学生だった彼と同じ大会に出場し、俺は予選落ちして

彼は上位に入賞し、その後プロに昇格。

その時の彼の滑りにガツンとやられたのを今でも覚えてるが、

今回もガツンとやられました。

自分の生きる世界で自分のスタイルを明確にし、貫くことの大切さ

を感じさせられました。

この一連の騒動をこんな感じに受け取ってしまうのはやっぱり自分がスノーボードとかやってるからなのかな?

不安になっちゃうよ。

って、もうブレてる。

いかん、いかん。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

KOKUBO氏の予選1本目と決勝1,2本目、生で見たけど、とりはだ立った

氏が小学生のころに同じ草大会に出て、おれはジャム落ち、彼は優勝
表彰台の一番真ん中に立ちながら、一番小さかった
2位には確か元ナショナルチームの藤田太さんだったかな・・・

10代後半から海外で揉まれて、始めはジャパニーズマネーのしがらみもあったかもしれないけど、最終的には実力でビデオパートゲットだもんね
ものすごいことだよね
こないだのX-Gameもやばかったし
まだ21でパイプもバックカントリーもこなせるって、ジンガイでもそんなにいないよね

どんなに説明しても、スノボウバカにしかKOKUBO氏のかっこよさは伝わらないと思う
「自分のスタイルをつらぬけてよかった」も世の中の人には負け惜しみに聞こえるだろうし
「本当のスノーボードの姿を追求する奴が出てこなければおれが出る」も理解不能だろうね
応援してくれた人には感謝してるって言葉を聞いて、あ、スノボウバカが沢山居るってことを分かってくれてるんだな、と妙に安心しました

おれも超低レベルながら、好きなことを好きなだけ追求しよっと
嫁にキレられない程度に・・・

No title

sue>「嫁にキレられない程度に」

これが俺達の貫くべきスタイルなんでしょうな~。

ま、楽しくいきましょう!
プロフィール

フルPUSHプリンさん

Author:フルPUSHプリンさん
1975年生まれ
趣味:SNOWBOARD SKATEBOARD
いつまでも動ける体と決して折れない精神力が一番欲しいと願うオッサンです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。